9月★イベント情報はこちら!

つみたてNISA/既婚者ゆとりの飲み会★投資部

つみたてNISA

 

今回は2018年1月から始まった「つみたてNISA」についてお話ししましょう。

 

先日ご紹介したiDeCoだけでは心細いので、つみたてNISAも一緒に始めると良いでしょう。

iDeCoを始めるべき!/既婚者ゆとりの飲み会★投資部
老後、破産しますよ。/既婚者ゆとりの飲み会★投資部

 

 

つみたてNISAって?

 

簡単に言うと、20年間運用益が非課税になる制度です。iDeCoと同じく投資信託を購入し、コツコツ積立てていくことで資産形成できるのです。

 

iDeCoはサラリーマンや主婦の方ですと、毎月最大23,000円までしか投資できませんでしたが、つみたてNISAは年間40万円まで、月で割ると約33,000円まで積立てることができます。

 

また、iDeCoは60歳になるまで引き出すことができませんでしたが、つみたてNISAは止めたければいつでも引き出すことができます。そして、100円からの少額で積立てることも可能です。

 

そして、つみたてNISAの対象投資信託は金融庁が厳選した、ノーロード(販売手数料無料)で信託報酬も安く、余計な分配金の出ないような、長期で積立てるのにふさわしい商品ばかりです。私も全部見ましたが、秀逸な選択です。

 

「投資ってよくわからないけど、ちょっとずつ始めてみたい」という方にピッタリな投資ですね。

 

つみたてNISAは投資可能期間が決まっています。2018年~2037年までです。これは投資できる期間なので、2037年に購入した投資信託はそこから20年間、すなわち2057年まで非課税で運用できます。

なのでこちらも早く始めた方がお得ですね!

 

つみたてNISAの始め方

 

つみたてNISAもお勧めの証券口座はSBI証券楽天証券がいいですね。個人的にはSBI証券が一番お勧めできます。

 

他の野村証券とかみずほとかでもいいですが、投資信託を限定されたりするのでいまいちですね…

 

つみたてNISAではなく普通の「NISA」もありますが、どちらかというと上級者向けなので「つみたてNISA」を選んでくださいね。NISA口座は、一人に付き一つしか持てませんから気をつけましょう!

 

つみたてNISAは毎日積立・毎週積立・毎月積立と設定することができます。お勧めは毎日積立に設定しておくと良いでしょう。例えば毎月10,000円を積立てたいのなら、毎日333円積立てる設定にします。別に毎週、毎月積立を選択しても大差ないので、お好きな方法を設定してみてください。

 

投資信託を選んで積立金額を決めれば、あとはほったらかしで構いません。

 

ドルコスト平均法

投資の一つの方法に「ドルコスト平均法」というものがあります。これは資金を一気に投資信託へ変えてしまうのではなく、少しずつ変えていく方が購入単価を平均化できる、というメリットがあるというものです。

 

はっきり言ってこれは気休めなのですが、投資初心者の方にとっては精神的にとても穏やかな投資方法です。こういった理由から究極のドルコスト平均法となる「毎日積立」をお勧めします。

 

 

どんな投資信託を買えば良い?

 

つみたてNISAの投資信託は、金融庁が厳選したといっても130本以上の商品があります。初心者の方は何を買ってよいのか分からないと思いますので、今回も風丸が自信を持ってお勧めできる投資信託をご紹介しましょう。

 

選定の基準として、

・分散投資ができる
・日本株、債券は不要
・信託報酬が安く、且つ純資産の大きいところ

が挙げられます。

 

日本は今後衰退していく一方ですので、長期的には不要。債権はリターンが少なく、非課税のメリットが薄くなるので除外。iDeCoと違って積極的にリターンを狙いましょう。

 

信託報酬は買った金額から自動的に徴収される管理費みたいなもので、長期間になればなるほど響いてきます。最安値を選びましょう。純資産はその投資信託の運用規模を表すもので、大きいほど安定しています。

 

以上を元に選定します。

 

おすすめ第3位
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(70%)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(30%)

先進国株式は日本を除く先進国の株式に投資できる商品で、中でもeMAXIS Slimシリーズは信託報酬が最安値です。新興国株式は中国、韓国、台湾、インド、ブラジルなどに投資できる商品です。

 

おすすめ第2位
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(100%)

世界最大の投資会社、大人気バンガードの商品です。楽天が円建てで購入できるようにしてくれました。これ一本で全世界へ投資できるので、あれこれ考える必要ありません。SBI証券でも購入できます。

 

おすすめ第1位
楽天・全米株式インデックス・ファンド(70%)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(30%)

先ほどのバンガードで、アメリカ株式全てに投資できる商品です。やはり世界最大の経済大国で、これからも著しい成長が見込めるアメリカへの投資が、最も高いリターンを期待できます。

アメリカの株価が落ち込めば、それ以上に世界の株価が落ち込み、アメリカの株価が上昇すれば、それに続いて世界の株価が上昇していくことは、歴史が証明しています。

それにアメリカ株価の大半を占めるグローバル企業は世界中で取引しており、アメリカに投資することは世界に投資することとイコールです。

先進国では数少ない人口増加が見込め、世界の基軸通貨である米ドルを扱う国でもあり、もはやアメリカに死角はありません。最も優良な投資先と言えます。

この最適解であるアメリカに加え、場合によってはアメリカをも凌駕する成長が期待できる新興国株も入れてみると面白いでしょう。もちろんアメリカ一本でも構いません。

 

以上、風丸のお勧めでした!

 

つみたてNISAの破壊力は?

 

それでは最後につみたてNISAをフル活用すれば、一体どれくらいの資産になるのかをご紹介しましょう。

 

全米株式の年平均リターンは7~8%なので、7.5%と仮定しましょう。毎月33,000円、年間40万円を20年間積立てたとしますと、資産は約1850万円にまで膨れ上がります。ちなみに定期預金だと約552万円ですからね(笑)3倍以上です。

 

以前の記事で算出したiDeCoの資産と合わせると4000万以上になります。これだけあれば老後は安泰ですよね。投資に回す掛け金が少なかったとしても、相当な資産が築ける可能性が高いので、銀行に眠らせているお金があるのならちょっとずつでも投資して行きましょう♪

 

あ、もちろん必ずこの通りになるとは限りません。時には暴落することもありますが、20年の長期間で見れば、極めて高い確率で増えているでしょう。

 

くれぐれも投資は自己責任で(*^-^*)★

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。